恥じらいをもつことが女性がテレフォンセックスで楽しむコツ

ソファで戯れる男女

テレフォンセックスをしたことが無い人からすると、電話口でお互いにエッチなことを囁きながらセックスをやるということが考えられないと思うかもしれないですが、昔からある方法で一度経験してはまったりするとどっぷりつかってしまうというような魅力があります。

実際のセックスに比べて難しいという風に思われがちですが、恥じらいを持つことを覚えたら女性でも本当のセックスと同様の満足度を得ることができるでしょう。

リアルを意識させることが大切

本当のセックスと同様の満足度を得るためには、電話口であってもすぐそばに相手がいるような錯覚を起こしてあげることが大切です。

女性からすると、うまい具合に男性を興奮させたいという風に思っていても、わざとらしく大声で喘ぐことやAV女優のように演技しすぎることに関しては興奮度が冷めてしまいますので注意してください。

できることであればリアルにセックスをしているかのような印象を残すようにしましょう。自分が気持ちいいのであれば、直接気持ちいいということを伝えてあげると、相手もだんだん興奮してくるでしょう。

自分がやっている音をリアルに聞かせてあげるのも一つの手です。

少し恥ずかしそうにしてみるのがポイント

女性であればAV女優のように大胆にならずに、男性が何か興奮させるような言葉をかけてきたら、少し恥ずかしそうな感情を出しながらも止めないでほしいといった雰囲気を出すようにするといいでしょう。

こうすることで男性がだんだん興奮が止まらなくなってきます。

本当にセックスをしている感じが出せたら最高

テレフォンセックスであっても本物のセックスをしているような感じが出せたら最高です。女性としては少し恥ずかしそうにやると相手がだんだん興奮してきます。